今日の植物公園:園内ぶらぶら散歩4-4
広島市植物公園ブログ
2021/09/18

今日の植物公園:園内ぶらぶら散歩4-4

 今日も天気がいいので、カスケードから回ります。

カスケード(令和3年9月18日撮影、以下同様)

昨日の台風でデュランタの花びらがだいぶ落ちています。

デュランタ(クマツヅラ科)

デュランタ(クマツヅラ科)

大テント前では熱帯性スイレンが咲いています。

熱帯性スイレン(スカイ・オブ・アワジ)

熱帯性スイレン(アリス・トリッカー)

花の進化園に来ました。いろいろ咲いています。

オオケタデ(タデ科)

サルスベリ(ミソハギ科)

ヒガンバナ(ヒガンバナ科)

シロバナマンジュシャゲ(ヒガンバナ科)

ヒゴロモコンロンカ(アカネ科)

シュクシャ(ショウガ科)

パキスタキス ルテア(キツネノマゴ科)

ススキに見えますが違います。

フイリセイヨウダンチク(イネ科)

ススキはこちらでした。

トキワススキ(イネ科)

ダリア(キク科)

バラ園に来ました。バラもいろいろ咲いてます。

バラ園

バラ(ヂゥケサー・デ・ペニアランダ)

バラ(ローラ)

バラ(ローズ オオサカ)

バラ(ダブリン・ベイ)

ロックガーデンに来ました。キノコが生えていました。

キノコ

ブータンルリマツリ(イソマツ科)

シオン(キク科)

森のレストラン前のコスモスの手入れをしていました。

コスモス(キク科)

オマケ:展示資料館の近くでもコスモスを植えています。

コスモス(キク科)

コスモスの苗

園内を歩いているとツクツクボウシの鳴き声よりも鈴虫の鳴き声が多くなっています。秋らしくなってきました。






季節の植物ぬり絵(その10)センニンソウ
広島市植物公園ブログ
2021/09/16

季節の植物ぬり絵(その10)センニンソウ

 今年の5月の緊急事態宣言による臨時休園以来、時々追加している「季節の植物ぬり絵」ですが、ついに記念すべき10回目に到達しました。これからも時々追加する予定ですので、おうち時間のお伴にお楽しみいただければ幸いです。 

 今回の題材にしたセンニンソウは、秋の野山で白い花を咲かせるつる植物です。クレマチスの一種で、園内でも各所で繁殖しています。

仕上がり例

元となった図はこちら(↓)です。もしよければ「おうち時間」のお伴に、ぬり絵など楽しんでいただければ幸いです。

センニンソウ

(楽しみ方)画像を左クリックして一旦展開させ、その画像を印刷、または展開させた画像を保存した後に画像処理ソフトなどで印刷してください。個人の感想ですが、用紙サイズは「A4」くらいがちょうどいいように思います。

(参考)元にした写真はこちらです。ぬり絵の参考にどうぞ。






今日の植物公園:ハブソウとエビスグサ
広島市植物公園ブログ
2021/09/15

今日の植物公園:ハブソウとエビスグサ

 広島市植物公園の「花の進化園」では、ハブソウとエビスグサの実が熟してきました。

ハブソウ


エビスグサ

 ハブソウ、エビスグサはいずれもマメ科の一年草で、健康茶として知られる「ハブ茶」の原料として利用されます。本来はハブソウの種子を炒ったものが「ハブ茶」の原料とされるそうですが、ハブソウと同じ属の別種で、ハブソウと比べて種子の収量が多いエビスグサの種子を炒ったものもハブ茶の原料としてよく使われています。

ハブソウの花

エビスグサの花

 さて、これらの花ですが、いずれも黄色い花を咲かせます。ジャケツイバラに近い種類で、いびつな5弁の花です。マメ科を特徴づけるスイートピーの様な蝶形花(ちょうけいか)でもなく、ネムノキの様な「くす玉状」の花序をつくるわけでもありません。ハブソウの方がエビスグサよりも大きな花を咲かせます。
 ハブソウは、今もたくさん花が咲いていますが、エビスグサは開花の末期になっています。

ハブソウの葉

エビスグサの葉

 葉の比較ですが、いずれも偶数羽状複葉(中央の1本の軸の左右に小葉が並び、小葉の数が偶数のもの)で、ハブソウは小葉の先がとがり、エビスグサは先が丸くなっています。

ハブソウ

エビスグサ
 果実を比較すると、ハブソウは上向きでこん棒状になり、エビスグサは細長く弓状になります。

 最後になりますが、エビスグサの名の由来について、「実が成った状態が、恵比寿様が釣り竿を垂らした姿に見立てたところからついた」という話を筆者がずいぶん以前に聞いた記憶があり、そうだと思い込んでいたのですが、この度改めて色々調べたところ、それを裏付ける資料は見つかりませんでした。思い込みというのは怖いものです。