友の会ボランティア(香りの小径の手入れ)
広島市植物公園ブログ
2020/01/22

友の会ボランティア(香りの小径の手入れ)

友の会ボランティアの様子 令和2年1月21日撮影

 植物友の会では、定期的に園内の植栽管理の補助をするボランティア活動を行っています。今回は、香りの小径の手入れを行いました。園路に積もった落ち葉をきれいにしたり、雑草や枯れ枝を取り除いたりしました。寒い中でしたが5名の会員の方にご協力いただきました。ありがとうございました。

ハナニラ 平成30年3月26日撮影

 香りの小径は暖かくなると、ハナニラやムスカリ、スイセンなどの球根がきれいに咲き誇ります。きれいに手入れができたので、花が咲くのが楽しみです。

今後の友の会ボランティアの日程(ブログ案内は試行です)

  1. ボランティア参加には植物友の会への入会が必要です。
  2. 活動日時は毎月第1・第3火曜日の10:30~15:00です。
  • 2月4日(火)
    • コサージュづくり教室勉強会(要事前申込)
  • 2月17日(月)~20日(木)
    • 春の特別ラン展装飾補助
  • 3月3日(火)
    • サギソウ球根植え出し、植え替え
  • 3月17日(火)
    • 未定
植物写真コンテスト作品展(~1/26)
広島市植物公園ブログ
2020/01/21

植物写真コンテスト作品展(~1/26)

最優秀賞 「フラダンス」 菅原 正人 氏
被写体の種名:サガリバナ

 1月26日(日)まで、「植物写真コンテスト作品展(第43回)」を展示資料館1階展示室で開催中です。

 写真は、令和元年9月1日(日)~11月30日(土)の期間、一般の入園者や写真愛好家から、園内の植物や風景をテーマに募集したものです。12月に、県内の写真家秋田隆司氏及び紺野昇氏、植物公園長の3名を審査員として厳正な審査を行った結果、109名全395点の応募作品の中から52点の入賞作品を選出し、これらを展示しています。入賞作品の一部は来年度の植物公園オリジナルカレンダーに使います。

特選 「陽光に輝く」 杉浦 紀子 氏
被写体の種名 シュウメイギク

 同コンテストは来年度も開催する予定です。夏頃に詳細を発表しますので、総評を御参考いただき、奮っての御応募をお待ちしております。
園長のおすすめ(ホンコンシュスラン)
広島市植物公園ブログ
2020/01/19

園長のおすすめ(ホンコンシュスラン)

ホンコンシュスラン Ludisia discolor (Ker Gawl.) Blume
網目状葉脈を持つ美しい葉

 ホンコンシュスランは、日本のシュスラン属(Goodyera)などに近縁な植物です。これらに近縁な種の中には、ビロード状の光沢や、錦糸のように繊細な網目状葉脈があって美しい葉を持つことから「jewel orchid」と呼ばれるものがあって、近年静かなブームになっているようです。ホンコンシュスランは、チョコレート色の葉も魅力的ですし、jewel orchidの中で最も目立つきれいな花を咲かせる種ではないでしょうか。純白の花の中心部に、黄色い葯帽がねじれてついているのが特徴です。