今日の植物公園(週末の観賞にオススメの花)
広島市植物公園ブログ
2021/04/15

今日の植物公園(週末の観賞にオススメの花)

 植物公園内ではこの週末にかけて様々な花が見頃を迎えます。

ヒスイカズラ

ヒスイカズラ

オオホウカンボク

 大温室内ではヒスイカズラやオオホウカンボクが見頃です。特にヒスイカズラは今が最盛期のようで20房以上が開花しています。蕾もたくさんありますので、まだまだ楽しめそうです。


フジ

フジ

 展望塔ではフジの花が今週末ぐらいには満開になりそうです。満開になるにつれてクマバチが増えてきており、あたりを忙しそうに飛び回っています。


 森のレストラン前にはネモフィラの丘があります。今年は大型連休中に見頃になるように植えましたが、池側のネモフィラはすでに見頃になっています。

ネモフィラ

ネモフィラ


 日本庭園の奥ではエビネが可憐な花を咲かせています。現在は植えてある株の半分ぐらいが満開となっています。

エビネ


 スイレン温室ではロングウッドオオオニバスの花が咲いています。1つの花は2~3日しか持ちませんが、水中から次々と蕾が上がってきています。葉っぱは毎年行われるオオオニバス試乗体験会で使われています。

ロングウッドオオオニバス


 この他にもラナンキュラスやシロカピタン、リビングストンデージーなどが見頃です。春の花が終わった後はハナショウブやアジサイなど、初夏の花に移り変わっていきます。
園長のおすすめ(モクレン “アルティメットイエロー”)
広島市植物公園ブログ

園長のおすすめ(モクレン “アルティメットイエロー”)

モクレン “アルティメットイエロー”   Magnolia ‘Ultimate Yellow’

 「究極の黄色」と名付けられた黄色いモクレンです。花は遅咲で、ハクモクレンやシモクレンが終わってから咲き始めます。北アメリカ原産のアクミナタ(M. acuminata)という種類をもとに改良された比較的新しい園芸品種で、モクレンの花としては珍しい色と形に人気があります。

(園内位置:花の進化園)
園長のおすすめ(サクラソウ展)
広島市植物公園ブログ

園長のおすすめ(サクラソウ展)

サクラソウ展 Japanese Primrose exhibition

 広島市植物公園では、開園当初からニホンサクラソウの品種を集め、昭和55年(1980年)からサクラソウ展を毎年開催しています。展示品には、江戸時代から毎年芽分けによってつながれてきた品種が多数あります。

 展示会場は当時と同じ屋外展示場。花色を考慮して互い違いに5段飾りとする方法も変わっていません。サクラソウ専用の朱泥鉢を使い、品種名は、今も黒い札に白い手書き文字。他の展示とは一味違った趣があります。

(園内位置:屋外展示場)