ヒスイカズラが咲きました🌸
広島市植物公園ブログ
2023/03/31

ヒスイカズラが咲きました🌸

ヒスイカズラ

 翡翠色の宝石のような花色が特徴的な「ヒスイカズラ」が大温室で見ごろを迎えています。花の色は、緑がかった青い色で、まさに宝石の翡翠のような色です。このような花色は、ほかの植物では知られていません。

 フジのように下に垂れさがる花房を多数つけ、一つの花房には、数十から百輪以上の花を咲かせます。棚いっぱいに多くのつぼみができているので、4月いっぱいは花を楽しめそうです。

フォトギャラリー



植物公園花ごよみ(3月30日号)
広島市植物公園ブログ
2023/03/30

植物公園花ごよみ(3月30日号)

さくらだより(3月28日時点)
広島市植物公園ブログ
2023/03/28

さくらだより(3月28日時点)

 本格的な桜の季節を迎え、園内ではさまざまな種類、咲き具合の桜を観賞できます。その中でも見頃のものを紹介します。
 
 染井吉野はまさに満開です。

染井吉野(令和5年3月28日撮影)


 越の彼岸桜も最盛期の中、花びらが少しずつ散り始めましたが、地面の様子を見るとピンク色のじゅうたんを敷いたようできれいです。

越の彼岸桜(令和5年3月28日撮影)

越の彼岸桜(令和5年3月28日撮影)


 八重紅彼岸や豆桜も見応えがあります。

八重紅彼岸(令和5年3月28日撮影)

豆桜(令和5年3月28日撮影)


 さとうそめいや伊豆吉野も見頃です。

さとうそめい(令和5年3月28日撮影)

伊豆吉野(令和5年3月28日撮影)
 

サクラの位置について


2023年さくら開花状況

※植物名を学術的に表記する場合は通常カタカナで表記しますが、この一覧では分かりやすいように漢字で表記します。

主な品種3/28

河津桜葉桜



寒桜(晩咲き)葉桜



寒緋桜葉桜



啓翁桜葉桜



豆桜散り始め



乙女東彼岸満開



越の彼岸桜散り始め



陽光桜散り始め



小松乙女満開



紅枝垂満開



さとうそめい満開



染井吉野
(ソメイヨシノ)
満開



八重紅枝垂五分咲き

伊豆吉野満開
八重紅彼岸満開
仙台屋満開
八重紅大島三分咲き

催し物案内(令和5年4月~6月)
広島市植物公園ブログ
2023/03/26

催し物案内(令和5年4月~6月)

 4月・5月・6月の展示会イベントのご案内

 令和5年4月~6月にかけて、植物公園で開催を予定している展示会・イベント情報です。テキスト版は植物公園ウェブページのイベント欄をご覧ください。

 都合により、会期やイベント内容などを変更することがありますので、御了承ください。

見どころ案内 第575号
広島市植物公園ブログ
2023/03/21

見どころ案内 第575号

見どころ案内 第575号(2023年3月21日発行)
園長のおすすめ(サンシュユ)
広島市植物公園ブログ
2023/03/19

園長のおすすめ(サンシュユ)

サンシュユ Cornus officinalis Siebold et Zucc.

  一面に黄色い花を咲かせているのはサンシュユ(山茱萸)で、中国から朝鮮半島を原産とするミズキ科ミズキ属の落葉小高木です。日本には、江戸時代中期に、薬用目的として中国から輸入されたのが広まったものです。

 3月~4月上旬に開花期を迎え、花後に葉が展開し、10月頃にはグミに似た2cm程の赤い実がつきます。別名のハルコガネバナ(春黄金花)は、日本を代表する植物分類学者の牧野富太郎が、樹一面に黄色の花をつけることから提唱したものです。

(園内位置:芝生広場奥)
芝生広場で花盛りの「春の花木」
広島市植物公園ブログ
2023/03/18

芝生広場で花盛りの「春の花木」

 只今、芝生広場では、スモモやサンシュユなど多くの春の花木が見ごろを迎えています。子どもが遊べるアスレティック遊具も近くにありますので、ゆっくりとした開放的なひとときをお過ごしいただけます。

 今年は、園内でのお花見もいくつかのルールを守った上でお楽しみいただけるようになりましたので、ご家族皆様でぜひどうぞ。

芝生広場奥のアスレティック遊具 令和5年3月18日撮影

フォトギャラリー(写真は全て令和5年3月18日撮影)

スモモ ’ハリウッド’(バラ科)[遠景]

ゲンカイツツジ(ツツジ科)[遠景]

ゲンカイツツジ(ツツジ科)[桃花と白花]

サンシュユ(ミズキ科)

ボケ(バラ科)[赤花]

トサミズキ(マンサク科)

マメザクラ(バラ科)

ボケ(バラ科)[白花]

植物公園花ごよみ(3月18日号)
広島市植物公園ブログ

植物公園花ごよみ(3月18日号)

植物公園花ごよみ(3月13日号)
広島市植物公園ブログ
2023/03/13

植物公園花ごよみ(3月13日号)

当園発着の路線バスの臨時減便について(12/1からの平日、当面の間)
広島市植物公園ブログ
2023/03/11

当園発着の路線バスの臨時減便について(12/1からの平日、当面の間)

 広島電鉄より、社員の新型コロナウイルス感染拡大等に伴い、バス乗務員が不足しているため、2022年12月1日(木)から当面の間、平日において、当園を発着する路線(薬師が丘線)を含むバスの運行ダイヤを臨時減便することが発表されました。

 黄色のマーカーを引いた便については、平日の運行はありませんのでご注意ください。

追記

 2023年3月以降も引き続き臨時減便を継続することが、広島電鉄より発表されました。
見どころ案内 第574号
広島市植物公園ブログ

見どころ案内 第574号

見どころ案内 第574号(2023年3月11日発行)
要請:園内でのお花見について
広島市植物公園ブログ
2023/03/08

要請:園内でのお花見について

 広島市より、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための都市公園等での花見に関する要請」が出されました。

 ついては、さくらの開花期間中、植物公園内でも以下の事項を守ってお花見していただきますようお願いします。

花見に関する要請

 以下のことを守って、花見をお楽しみください。   
  1. 体調の悪い人は不参加
  2. 風通しの良い場所で実施
  3. 人と人との距離を確保     
  4. 手洗いや咳エチケット等の実施
  5. マスクは状況に応じて着脱
  6. ゴミは密閉して持ち帰る


参考(広島市HP)

日本一のコレクション「ゼラニウム展」開催中(~4/16)
広島市植物公園ブログ

日本一のコレクション「ゼラニウム展」開催中(~4/16)

ゼラニウム展 展示風景 令和5年3月8日撮影

 ただいま、展示温室では「ゼラニウム展」を開催中です(期間:令和5年3月4日~4月16日)。 会場には、ゼラニウム系を中心に、ニオイゼラニウムやアイビーゼラニウム、野生種など、300鉢以上を展示しており、これだけ多くの品種が一度に見られるのは国内でも当園だけです。

変わり葉ゼラニウムの展示

 また、当園で保存している「変わり葉ゼラニウム」は(公社)日本植物園協会のナショナルコレクション認定を受けた大変貴重なコレクションで、この展示の目玉のひとつです。

 植物公園秘蔵のコレクションをぜひご覧ください。

フォトギャラリー









園長のおすすめ(ベニバナアセビ)
広島市植物公園ブログ
2023/03/02

園長のおすすめ(ベニバナアセビ)

ベニバナアセビ Pieris japonica f. rosea Makino

 アセビ(馬酔木)は、この葉を食べた動物・馬がよっぱらったようにふらふらとしたことに由来します。アセトポキシンという有毒物質が樹全体に含まれためだとか。昔はこの成分を害虫駆除に使っていたそうです。 

 ツツジ科アセビ属に分類される常緑の低木(1~4m)で日本に広く分布します。開花期は2~4月で可愛いドウダンツツジのような花が咲きます。自生種の花は白が基本ですが、赤花の品種(園芸種)もあります。

(園内位置:ロックガーデン)
植物公園花ごよみ(3月2日号)
広島市植物公園ブログ

植物公園花ごよみ(3月2日号)

見どころ案内 第573号
広島市植物公園ブログ
2023/03/01

見どころ案内 第573号

見どころ案内 第573号(2023年3月1日発行)