木育ワークショップ 参加者募集中(8/8、9/19)
広島市植物公園ブログ
2020/07/11

木育ワークショップ 参加者募集中(8/8、9/19)

 毎日使う箸(はし)がどのようにしてできるのか考えてみたことはありますか?

 今回、植物公園で初めて開催する木育ワークショップ初級編「はし」から見える木の世界では、1本の木から箸ができるまでの過程を実際に体験しながら学ぶことができます。

 広島大学木材加工研究室と共催して行うこのワークショップは他ではまず実施していないユニークな企画です。夏の思い出作りや工作の宿題の参考にぜひ参加してみませんか?

 もちろん、完成した箸は持ち帰って使うことができますよ。

 なお、今回のワークショップは小学校4~6年生が対象です。大人向けの講座も開催に向けて調整しているので、ご期待ください。

(詳細は以下をご覧ください、申込み締切7/27)


ヒノキの球果

木育ワークショップ-初級編- 「はし」から見える木の世界

  • 日時[両日は同じ内容です。1日のみの参加となります。]
    • 8月8日(土)、9月19日(土)
      午前9時半~午後4時20分
  • 内容 
    • 丸太から世界に1つだけのマイ箸作りを通して、楽しみながら森材や木材に触れ、学んでいきます。 
  • 対象:小学校4~6年生
  • 参加費:100円(保険代として)
    (入園料[中学生以下は無料]・駐車料金は別途必要) 
  • 定員:20名(応募多数の場合は抽選) 
  • 共催
    • 広島大学大学院人間社会科学研究科 技術・情報教育 木材加工研究室 
  • 協力
    • NPO法人ほしはら山のがっこう 

「はし」から見える木の世界 募集チラシ
お知らせ:サマーフェア(7/11~8/31)
広島市植物公園ブログ

お知らせ:サマーフェア(7/11~8/31)

 7月11日から8月31日までの46日間、植物公園の夏のイベント「サマーフェア」を開催します。例年、大規模な噴水迷路を実施しておりましたが、今年は新型コロナウイルス感染症対策として、サマーフェアの規模を大幅に縮小します。また、人数制限も行った上で実施します。

 はじめました!みんなが楽しい夏休み。密を避けて、夏の思い出を作りましょう。

 サマーフェアで実施するイベント

  • 水遊び広場[芝生広場]
    • かん水用のスプリンクラーやチューブから水が吹き出し、水遊びを楽しむことができます
    • 定員:各回200人
    • 開催時間(1日6回)
      • 11:00~11:15
      • 11:30~11:45
      • 13:00~13:15
      • 13:30~13:45
      • 14:00~14:15
      • 14:30~14:45
    • 雨天時・雷鳴時は開催を見合わせます
  • クイズラリー
    • 園内に設けられた6か所のチェックポイントをめぐり、クイズに回答すると、お菓子をプレゼント
      (協賛:カルビー株式会社)
    • 定員:各日先着100名
    • 対象:小学生以下

今年度は実施しないイベント・展示

  • 幼児用プール
  • 体験コーナー(クラフト)
  • 巨大めぐりスタンプラリー
    • クイズラリーとして実施



 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、入園に際しては以下の事項へのご協力をお願いします。

来園時のお願い

  1. 発熱や軽度であっても咳・のどの痛みなどの症状がある場合は、入園を御遠慮いただくようお願いします。

  2. 入園される場合はマスクの着用をお願いします。マスクの着用のない方は入園を御遠慮いただくようお願いします。

  3. 広島県外からのご来園については、広島県の方針、各地域・自治体の感染状況や情報等にもとづいてご来園を判断いただきますようお願いいたします。
   広島県「新型コロナウイルス感染症に関する情報」

園内でのお願い

  1. 入園時のアルコール消毒や手洗い,咳エチケットに御協力をお願いします。また,会話は控えめにし,特に大声での会話は行わないようお願いします。

  2. 人と人との接触を避けるため,できるだけ2メートルの距離をあけていただくようお願いします。

  3. 時季や場所によって来園者が多い場合は,入場の制限を行う場合がありますので,御理解・御協力をお願いします。
見どころ案内 第467号
広島市植物公園ブログ

見どころ案内 第467号

見どころ案内 第467号(2020年7月11日発行)
はなの輪 第164号を発行しました
広島市植物公園ブログ
2020/07/08

はなの輪 第164号を発行しました

 広島市植物公園では、植物友の会会員向けに会誌「はなの輪」を定期的に発行しています。植物友の会(年会費無料)にご入会いただいた方には、管理事務所にて、随時最新号をお渡ししています。植物友の会の詳細や入会については、こちらのページをご覧ください。

 さて、今号のはなの輪では、オーストラリアバオバブの初開花の記録をはじめ、夏の植物管理に関する様々な記事を掲載しています。PDF版の公開も始めましたので、この機会にぜひご一読ください。

 なお、はなの輪の冊子は、市内の公民館などの公共施設でも、植物公園の機関紙として、内容を再構成したものを配布しています。

はなの輪 第164号 目次

  • 表紙 園長のおすすめ「ブルボフィルム・ロビー」
  • 植物公園トピックス 国内最大のバオバブが開花
  • あの花この花 青い耐寒性スイレン
  • プラントドクターQ&A
    • テラリウムのベゴニアを腐らせてしまう
    • 赤く膨らんだサクラの葉は病気?
    • カランコエを夏に弱らせないために
  • 園内の見どころ フクシア・ハイビスカス
  • 7月~9月に見ごろを迎える植物
  • 展示会・イベント案内 季節の花物語ほか
・はなの輪 第164号(2020年7月-9月)[PDF版]
友の会通信第7号(7-8月のボランティア日程)
広島市植物公園ブログ

友の会通信第7号(7-8月のボランティア日程)

 7月~8月にかけての友の会ボランティアの内容が決まりました。暑い日が続きますが、園内の植栽管理作業に引き続きご協力をお願いします。

 ボランティアの集合場所は展示資料館ロビー前です。初めての方は、友の会担当より説明を行いますので、展示資料館1階奥の管理事務所にお立ち寄りください。

友の会ボランティア 実施日・内容

 7月7日(火)の友の会ボランティアは大雨の影響による臨時休園のため、中止しました。
  • 7月21日(火) 10:30~15:00(予定)
    • 除草・鉢植替他(ベゴニア温室/大温室)
  • 8月4日(火) 10:30~15:00(予定)
    • 植替・花がら取り等(育苗温室/PM未定)
  • 8月18日(火) 開催未定
  • 9月1日(火) AM予定
    • ハンギングバスケット作り

第2回例会 7月19日開催

 友の会の第2回例会は、7月19日(日)13時20分から開催する予定です。コロナ禍での初めての例会となりますので、受付に時間がかかる可能性があります。また、今年度の会員更新がお済みでない方は、少し時間に余裕をもってのご来園をお願いします。
お知らせ(平常どおり開園)
広島市植物公園ブログ

お知らせ(平常どおり開園)

 本日は9時より、平常通り開園します。

The Hiroshima Bontanical Garden will open as usual today. (July 8, 2020)


令和2年7月8日8時30分 植物公園管理課  
7/7 臨時休園のお知らせ
広島市植物公園ブログ
2020/07/07

7/7 臨時休園のお知らせ

本日(7/7)、佐伯区五日市観音西学区に避難勧告が引き続き発令されているため、臨時休園します。

園内の安全点検及び施設の損壊等があった場合には復旧作業が必要となるため、 明日以降の開園については、再度情報提供します。

今後の気象状況に十分注意し、安全確保に努めて下さい。


令和2年7月7日8時30分   植物公園管理課
7/6 臨時閉園のお知らせ
広島市植物公園ブログ
2020/07/06

7/6 臨時閉園のお知らせ

本日(7/6)、大雨により15時30分より佐伯区五日市観音西学区に避難勧告が発令されたため、臨時閉園しています。

なお、園内の安全点検及び施設の損壊等があった場合には復旧作業が必要となるため、 明日以降の開園については、再度情報提供します。

今後の気象状況に十分注意し、安全確保に努めて下さい。


令和2年7月6日15時55分   植物公園管理課
園長のおすすめ(アリノスダマ)
広島市植物公園ブログ
2020/07/05

園長のおすすめ(アリノスダマ)

アリノスダマ Myrmephytum selebicum (Becc.) Becc.
アリノスダマの肥大した茎

 現在開催中の「夏のカラフルリーフ展」では、様々な植物の「葉」を楽しむことができますが、今年は「アリ植物」が展示されています。葉ではなく「茎」が肥大して、中にアリを住まわせて共生する変わり種です。

 写真のアリノスダマは、フィリピン諸島とセレベス島に自生しているアカネ科の多年草。異様に太い茎の所々に、植物が自ら開けたとされる小さな穴が開いていてアリが出入りできるようになっています。花はとても小さいですが淡いヒスイ色のような、不思議な色です。

(園内位置:展示温室「夏のカラフルリーフ展」)
広島市植物公園 花めーる 2020年7月第一号
広島市植物公園ブログ

広島市植物公園 花めーる 2020年7月第一号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

広島市植物公園 花めーる
2020年7月第一号

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、次のような対策を行っていますので、皆様のご理解・ご協力をお願いします。
 
〇当面の間、以下の項目に該当される方は入園を御遠慮いただくようご協力をお願いします。
 ☑発熱や軽度であっても咳・のどの痛みなどの症状がある方
 ☑マスクの着用のない方 
 ☑大人数での来園
 
〇園内でのお願い
  • 入園時のアルコール消毒や手洗い、せきエチケットに御協力をお願いします。
  • 人と人との接触を避けるため、出来るだけ2メートルの距離をあけていただくようお願いします。
  • 来園者が多い場合は入場の制限を行う場合がございますので、ご理解・ご協力をお願いします。
 
〇一部施設の利用制限等について
  • 森のレストランは営業時間を短縮し、メニュー限定で、営業しています(土日・祝日 午前10時半から午後2時。食事メニューのラストオーダーは午後1時40分)。
  • 森のカフェは営業時間を短縮し、メニュー限定で、営業しています(平日 午前10時半から午後3時、土日・休日 午前10時半から午後3時半。食事メニューのラストオーダーは終了20分前)。
  • 電動カート(マーチャン号)は運行を再開しています。
 

イベント情報

〇展示温室

夏のカラフルリーフ展
▼期間 6月24日(水)~7月12日(日)
▼内容 斑入り植物や様々な色や特徴の葉を持つ植物などを、楽しみ方とともに展示します。

世界の食虫植物展
▼期間 7月18日(土)~8月16日(日)
▼内容 ハエトリグサやウツボカズラなど世界の食虫植物を展示し、自生地の風景を写真で紹介します。

〇展示資料館展示室  

むし・花・Zoo-Zoo写真展
▼期間 6月10日(水)~8月6日(木) 
▼内容 植物公園、安佐動物公園、こんちゅう館のとっておきの写真を展示します。

おし花美術作品展
▼期間 8月8日(土)~8月31日(月)
▼内容 四季折々の植物を素材として、季節ごとの情景を描いたおし花作品を展示します。

〇その他
 
サマーフェア
▼期間 7月11日(土)~8月31日(月)
▼内容 水遊びやクイズラリーなど様々なイベントを開催します。

職員による植物うんちくガイド
▼日時 7月14日(火) 午前11時~正午
▼内容 「ベゴニア観賞会」を行います。
(展示場以外での解説となる場合があります。先着50名。)

うらら池自然散策
▼日時 7月18日(土)  午後1時半~午後2時半
▼内容 ヤチシャジン、オニユリなどの山野草の解説を行います。先着50名。
 
職員による植物うんちくガイド
▼日時 7月25日(土)午前11時~正午
▼内容 「身近な夏の花壇と鉢植え植物」をテーマに植物の解説等を植物公園職員が行います。(展示場以外での解説となる場合があります)。先着50名。
 
季節の花物語(アサガオ)
▼日時 8月1日(土) 午後1時半~午後2時半
▼内容 多くの人に親しまれ、夏の風物詩として定着しているアサガオの知られていない意外な話を、職員が紹介します。先着50名。
 
食虫植物実演会
▼日時 8月2日(日)・10日(月・祝)午後1時~、午後3時~
▼内容 食虫植物を紹介し、栽培方法や魅力について解説します。各回先着50名。
 
 

〇事前申込制のイベント

 
 詳細・申し込みは参加者・受講生募集のページをご覧ください。往復はがきのほか、インターネットからもお申込みいただけます。
 
カブトムシ観察会
▼日時 7月12日(日)、19日(日)、26日(日) 午後1時半~午後2時半 26日のみ参加者を追加募集中です
▼内容 カブトムシとの触れ合いを通して植物と生きものの関係を観察します。
▼定員 30組
▼申込 申込フォームに住所、氏名、電話番号、メールアドレス、希望日を記入しお申込みください。

木育ワークショップ―初級編―「はし」から見える木の世界
▼日時 8月8日(土)、9月19日(土)午前9時半~午後4時20分
▼対象 小学校4~6年生
▼内容 丸太から世界に1つだけのマイ箸作りを通して、楽しみながら森林や木材に触れ、学んでいきます。
▼参加費 100円
▼申込 往復はがきまたは申込フォームに講座名、住所、氏名、電話番号、学年、希望日(1日のみ)を記入し、7月27日(月)(必着)までに植物公園へ。抽選20名。

親子植物体験教室
▼日時 8月9日(日)午前10時半~午後2時
▼対象 小学校1~3年生とその保護者
▼内容 花育体験や、園内の面白い植物についてクイズや体験を通して学んでいきます。
▼材料費 800円(予定)
▼申込 往復はがきまたは申込フォームに講座名、住所、氏名、電話番号、学年を記入し、7月20日(月)(必着)までに植物公園へ。抽選24組。

オオオニバス試乗体験会
▼日時 8月12日(水)、15日(土)、16日(日)、18日(火)
午前9時半~正午、午後1時~午後3時半
▼内容 直径1m以上になるオオオニバスの葉に乗る体験会を実施します。
▼対象 対象:体重30kgまでの子ども
▼申込 往復はがきまたは申込フォームに催し名、住所、氏名、電話番号、希望日(1日のみ)を記入し、7月21日(火)(必着)までに植物公園へ。各日抽選150名。

季節の園芸講座(第2回)
▼日時 8月22日(土)午後1時半~
▼内容 趣味の園芸講師の本園職員島田専門員による季節を彩る草花を存分に楽しむためのとっておきの方法を解説します。
▼申込 往復はがきまたは申込フォームに講座名、住所、氏名、電話番号を記入し、8月6日(木)(必着)までに植物公園へ。抽選50名。

鳴く虫観賞会
▼日時 8月29日(土)、30日(日)午後7時15分~、午後8時~
▼内容 夜間開園時にコオロギ等の鳴く虫やその声を観賞します。
▼申込 往復はがきまたは申込フォームに講座名、住所、氏名、電話番号を記入し、8月11日(火)(必着)までに植物公園へ。各日抽選50名。時間指定はできません。
 

 見どころ案内

 ★アメリカノリノキ アナベル(日本庭園)
 北米原産のアジサイ。純白の花は大きく、育てやすいことから庭植えにお勧めです。


アナベル


★カカオ(大温室)
 幹に花が咲く幹生花(かんせいか)をつけます。チョコレートの原料であるカカオ豆は、この植物の果実から果皮を取り除き発酵させて作られます。


カカオ

★オオバギボウシ(花の進化園)
 園内各所でギボウシの仲間が咲き始めました。オオバギボウシは日本固有の多年草で、葉や花を観賞するほか若葉は「うるい」という山菜として食用にされています。


オオバギボウシ

★ハンゲショウ(花の進化園)
 水辺や湿地に生育する多年草。花は穂状に垂れている部分で、直前に出た葉が部分的に白くなるのが特徴です。半夏生(はんげしょう)とは季節を表す用語のひとつで、夏至から11日目(7月2日頃)を指し、名はその頃に咲くからという説と、半分白いから半化粧とする説があります。

ハンゲショウ

☆その他の見どころ

★ルリタマアザミ(花の進化園)
★ルドベキア(花の進化園)
★プルメリア(サボテン温室)
★レンブ(大温室)
★キササゲ(ツバキ園周辺)

☆詳しくはこちら
 見どころ案内 第466号(2020年7月4日発行)

…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…
 編集・発行 : 広島市植物公園
 ご意見・ご感想: hiroshima-bg@midoriikimono.jp
 Webサイト: http://www.hiroshima-bot.jp/
…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…



    オオオニバス試乗体験会 参加者募集中(8/12・15・16・18)
    広島市植物公園ブログ
    2020/07/04

    オオオニバス試乗体験会 参加者募集中(8/12・15・16・18)

    過去のオオオニバス試乗体験会の様子

     植物公園の夏の風物詩、「オオオニバス試乗体験会(27回目)」を今年も行います。体重30㎏までのお子様が対象です。夏休みの思い出作りにお勧めのイベントです。
     今年はコロナウイルス感染症防止対策のため、全日申込制となっています。昨年まで行っていました、当日先着順の試乗体験はありませんのでご注意下さい。
    • オオオニバス試乗体験会(申込制
      • 日付
        • 8月12日(水)・15日(土)・16日(日)18日(火)
      • 時間
        • 午前9時半~正午、午後1時~3時
        • (時間につきましては植物公園で指定します)
      • 定員
        • 各日150人(希望者多数の場合抽選)
      • 対象
        • 体重30㎏までの子ども
      • 時間

      オオオニバスとは

      オオオニバスのなかまは、水草のなかでは世界で最も大きな葉を持つ植物として知られ、その大きな葉の裏に蓄えられた空気によって大きな浮力が生まれます。本園では、「オオオニバス」、「パラグアイオニバス」と両者の交配種である「ロングウッドオオオニバス」を栽培しています。

      
      

      現在のパラグアイオニバスの様子 令和2年7月4日撮影
    見どころ案内 第466号
    広島市植物公園ブログ

    見どころ案内 第466号

    見どころ案内 第466号(2020年7月4日発行)
    見どころ案内 第465号
    広島市植物公園ブログ
    2020/06/27

    見どころ案内 第465号

    見どころ案内 第465号(2020年6月27日発行)
    売店のレジ袋について(7/1~)
    広島市植物公園ブログ
    2020/06/25

    売店のレジ袋について(7/1~)

     プラスチックごみの削減に向けて、2020年7月から「レジ袋有料化」が全国一律でスタートし、これに併せて園内売店でのレジ袋も有料化することになりました。できるだけマイバックをご持参いただきますよう、お願いいたします。
    園長のおすすめ(ツニア・アルバ)
    広島市植物公園ブログ
    2020/06/24

    園長のおすすめ(ツニア・アルバ)

    ツニア・アルバ Thunia alba (Lindl.) Reichb.f.
    ツニア・アルバ 花の拡大

     ツニア・アルバの白い花は、一見カトレアに似ていますが豪華というより涼やかな雰囲気です。インドから中国南部、マレー半島にかけて分布する落葉性の着生ランで、冬季休眠中は箱に詰めて倉庫で保管しています。春先に植え替え、潅水を始めるとイネ科の葭のような新しい茎を出してその先端に大きな花を咲かせます。

     フクシア温室ではツニアの他にも、高さ2mに成長したレナンセラや猿顔で人気のドラクラなど、世界の野生ランが花盛りです。

    (園内位置:フクシア温室 世界の野生ランコーナー)
    夏のカラフルリーフ展を開催
    広島市植物公園ブログ
    2020/06/23

    夏のカラフルリーフ展を開催

    屋内向け植物を用いた装飾

     広島市植物公園では、夏のカラフルリーフ展(通算17回目)を6月24日(水)~7月12日(日)に開催します。カラフルリーフプランツとは、緑色以外の色合いの葉や,斑入りなどの葉をつける園芸植物のことです。

     以下の3つの装飾展示コーナーで、美しいカラフルリーフの世界をお楽しみいただけます。
    • 屋内向け植物を用いた「熱帯林風」装飾(ビカクシダやサトイモ科など)
    • 夏花壇風装飾(コリウス、ハーブ類など)
    • 日本庭園風装飾(マツ、カエデ、アジサイなど) 
     また、ラン科やバラエティー豊かなパイナップル科(チランジア含む)、食虫植物とアリ植物のコラボ展示など、植物公園ならではの多彩なコレクションをお楽しみいただけます。

    広島市植物公園プレスリリース「夏のカラフルリーフ展を開催」(2020年6月22日発表) 

    夏花壇風の装飾
    日本庭園風の装飾
    展示会場の様子
    植物公園花ごよみ(6月21日号)
    広島市植物公園ブログ
    2020/06/22

    植物公園花ごよみ(6月21日号)

    友の会通信 第6号(ボランティア報告)
    広島市植物公園ブログ

    友の会通信 第6号(ボランティア報告)

    鉢上げするアサガオのポット苗

     植物友の会では、定期的に園内の植栽管理の補助をするボランティア活動を行っています。今回は、変化アサガオの鉢上げを行いました。8月21日~30日に開催予定の「変化朝顔展」に出品する候補のアサガオを植え替えしていきます。16日の午前中に5名の友の会会員の皆さんにお手伝いいただきました。暑い中の作業、ありがとうございました。

    鉢上げ作業の様子

     植物友の会では、新規会員を随時募集しています。ボランティアに参加いただける方も歓迎です。月2回(第1・第3火曜日)を定例ボランティア活動日としています。10時半に展示資料館1階ロビーに集合です。初めての方は、詳細を説明しますので、展示資料館1階奥の管理事務所までお尋ねください。
    見どころ案内 第464号
    広島市植物公園ブログ
    2020/06/20

    見どころ案内 第464号

    見どころ案内 第464号(2020年6月20日発行)
    参加者募集中[カブトムシ・冬虫夏草]観察会
    広島市植物公園ブログ
    2020/06/17

    参加者募集中[カブトムシ・冬虫夏草]観察会

     コロナ禍で自由な外出もためらわれる時勢ですが、子どもたちには生き物とふれあい、自然に親しむ体験を多くしてもらいたいと願っています。

     植物公園では、そのような願いをこめて、園内で生きものとふれあうことができる2つの観察会を7月に開催することにしました。この機会に植物以外のいろいろな生きもののことを知っていただければと思います。

     コロナウイルス感染症対策として、全て申込制(抽選)となっていますが、このブログから申込みできますので、ぜひご参加ください。申込みの締切は6月29日です。


    観察会の概要

    • カブトムシ観察会[6/29締切]
      • 日時:7月12日(日)、19日(日)、26日(日)
        • 各日 午後1時半~2時半
      • 内容
        • カブトムシとの触れ合いを通して植物と生きものの関係を観察します
      • 講師
        • 本園職員
      • 参加費
        • 無料(入園料・駐車料金は別途必要)
      • 定員
        • 各日30組(応募者多数の場合は抽選)
    • 冬虫夏草観察会[6/29締切]
      • 日時:7月12日(日) 午前10時~正午
      • 内容
        • 園内で昆虫に寄生している冬虫夏草の紹介や観察を行います。
      • 講師
        • 瀬戸内虫草団 団員
      • 参加費
        • 無料(入園料・駐車料金は別途必要)
      • 定員
        • 30名(応募者多数の場合は抽選)

    昨年度の観察会の様子

    今年は、密を避けて社会的距離を確保するため、観察会は申込制として、各種コロナウイルス感染症対策を実施します。以下の写真は昨年度に実施したカブトムシ観察会・冬虫夏草観察会の様子を撮影したものです。

    カブトムシ観察会

    カブトムシの家(約40㎡)
    カブトムシと触れ合う参加者 令和元年7月7日撮影
    甘い蜜に集まってきたカブトムシ

    冬虫夏草観察会

    冬虫夏草を探している参加者 令和元年7月14日撮影
    冬虫夏草「クモタケ」
    冬虫夏草「ミドリコガネムシタケ(仮称)」
    園長のおすすめ(ヘリコニア)
    広島市植物公園ブログ
    2020/06/16

    園長のおすすめ(ヘリコニア)

    ヘリコニア・オブスクラ Heliconia obscura Dodson & A.H. Gentry
    ヘリコニア・カリバエア Heliconia caribaea Lam.

     ヘリコニア属の植物は、熱帯アメリカと南太平洋諸島に分布する多年草で、バナナの仲間(バショウ科)になります。花を包む苞が、植物とは思えない質感とエキゾチックな色彩で 大温室の南国ムードを盛り上げています。空中デッキから離れていてもすぐにそれとわかるほどの大きさにも驚かされます。

    (園内位置:大温室 くだものと暮らしのコーナー)
    広島市植物公園花メール 2020年6月第一号
    広島市植物公園ブログ
    2020/06/14

    広島市植物公園花メール 2020年6月第一号

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    広島市植物公園 花めーる
    2020年6月第一号

     ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    
     広島市植物公園は5月18日より開園しております。
     
     開園に当たっては、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、次のような対策を行っていますので、皆様の御理解・御協力をお願いします。
     
    〇当面の間、以下の項目に該当される方は入園を御遠慮いただくようご協力をお願いします。
     ☑発熱や軽度であっても咳・のどの痛みなどの症状がある方
     ☑マスクの着用のない方 
     ☑大人数での来園
     
    〇園内でのお願い
    • 入園時のアルコール消毒や手洗い、せきエチケットに御協力をお願いします。
    • 人と人との接触を避けるため、出来るだけ2メートルの距離をあけていただくようお願いします。
    • 来園者が多い場合は入場の制限を行う場合がございますので、御理解・ご協力をお願いします。
     
    〇一部施設の利用制限等について
    • 森のレストランは当面の間休業します。
    • 森のカフェは営業時間を短縮(平日 10:30~15:00、土日・休日 10:30~15:30。食事メニューのラストオーダーは終了20分前)し、メニュー限定で、営業しています。
    • 電動カート(マーチャン号)は運行を再開しています。
     

    イベント情報

    〇展示温室

    ウチョウラン展
    ▼期間 6月13日(土)~6月18日(木)
    ▼内容 可愛い草姿で人気のあるウチョウランを展示します。


    夏のカラフルリーフ展
    ▼期間 6月24日(水)~7月12日(日)
    ▼内容 斑入り植物や様々な色や特徴の葉を持つ植物などを、楽しみ方とともに展示します。

    世界の食虫植物展
    ▼期間 7月18日(土)~8月16日(日)
    ▼内容 ハエトリグサやウツボカズラなど世界の食虫植物を展示し、自生地の風景を写真で紹介します。

    〇展示資料館展示室  
       
    むし・花・Zoo-Zoo写真展

    ▼期間 6月10日(水)~8月6日(木) 
    ▼内容 植物公園、安佐動物公園、こんちゅう館のとっておきの写真を展示します。

    〇屋外展示場

    アジサイ展
    ▼期間 5月30日(土)~6月21日(日)
    ▼内容 梅雨を彩るアジサイの仲間を展示します。


    〇その他

    サマーフェア▼日時 7月11日(土)~8月31日(月)
    ▼内容 クイズラリーやオオオニバス試乗体験会(申込制)など、様々なイベントを開催します。

    カブトムシ観察会
    ▼日時 7月12日(日)、19日(日)、26日(日) 午後1時半~2時半 19日・26日のみ参加者を追加募集中です
    ▼内容 カブトムシとの触れ合いを通して植物と生きものの関係を観察します。
    ▼定員 30組(応募多数の場合は抽選)

          詳細・申し込みは参加者・受講生募集のページをご覧ください。

    職員による植物うんちくガイド
    ▼日時 7月14日(火) 午前11時~正午
    ▼内容 「ベゴニア観賞会」を行います。
    (展示場以外での解説となる場合があります。定員50名。)

    うらら池自然散策
    ▼日時 7月18日(土)  午後1時半~午後2時半
    ▼内容 ヤチシャジン、オニユリなどの山野草の解説を行います。先着50名。

    2020年7月のイベント(申込締切分)

    以下のイベントは事前申込制で、既に申込みを締め切りました。当日参加はできませんので、ご了解ください。

    暮らしに役立つハーブ講座(全3回) ▼日時 6月27日(土)、7月4日(土)、11日(土) 午後1時半~午後3時半
    ▼内容 ハーバルライフ ~アロマな暮らし~
    ハーブの健康フルーツ酒。手作り家具用ワックスとお掃除クリーナー。たまごの殻の室内香。(※変更の可能性あり)
    ▼講師 糀原 美恵子氏(ハーバルアソシエーション・ウエスト 代表)

    季節の園芸講座(初回)
    ▼7月5日(日) 午後1時半~ 
    ▼内容 趣味の園芸講師の本園職員島田専門員による季節を彩る草花を存分に楽しむための
          とっておきの方法を年3回シリーズで解説します。

    冬虫夏草観察会
    ▼日時 7月12日(日) 午前10時~正午
    ▼内容 園内で昆虫に寄生している冬虫夏草の紹介や観察を行います。

    見どころ案内

    ★ハナショウブ(日本庭園)
     120品種約1000株のハナショウブが見頃を迎えています。江戸系、肥後系、など様々な系統を見ることができます。近くのモミジの枝にはモリアオガエルの白い泡状のかたまり(卵のう)が付いています。  
     
    
    深窓佳人 2020年6月13日撮影

    ★アジサイ各種(日本庭園・屋外展示場)
     一般的に花と言われている部分は装飾花といい、中央に小さくあるのが本当の花です。ヤマアジサイに続き園芸アジサイや北米原産のカシワバアジサイもかなり咲いてきました。アナベルは咲き始めです。  

    
    ジャパーニュ ミカコ 2020年6月13日撮影(屋外展示場)

    ★グラマトフィルム・キナバルエンセ(大温室)
     マレーシアの最高峰キナバル山に自生する珍しいラン。世界最大のラン「 タイガーオーキッド」 と同じなかまです。

    グラマトフィルム・キナバルエンセ 2020年5月31日撮影

    ★ウチョウラン(展示温室)
     梅雨時に咲く野生ランで、日本各地に自生しています。その可憐な花姿から、蝶が羽を広げて飛んでいるさまを「羽蝶」と見立てた和名がつけられています。展示温室においてウチョウラン展を開催中です。

    ウチョウラン 安芸の名月 2020年6月9日撮影
     
     ☆その他の見どころ
    ★エーデルワイス(ロックガーデン)
    ★ベニノキ(大温室)
    ★ウツボグサ(里山の野草園)
    ★タチアオイ(花の進化園)

    ☆詳しくはこちら
    見どころ案内 第463号(2020年6月13日発行)
     
    …※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…
     編集・発行 : 広島市植物公園
     ご意見・ご感想: hiroshima-bg@midoriikimono.jp
     Webサイト: http://www.hiroshima-bot.jp/
    …※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…
    見どころ案内 第463号
    広島市植物公園ブログ

    見どころ案内 第463号

    見どころ案内 第463号(2020年6月13日発行)
    今日の植物公園[アジサイとハナショウブ]
    広島市植物公園ブログ
    2020/06/13

    今日の植物公園[アジサイとハナショウブ]

     植物公園では、6月21日(日)までの土日に、ハナショウブ&アジサイまつりを開催しています。

     まずは、屋外展示場で開催中のアジサイ展(21日まで)の紹介です。

    
    ジャパーニュ ミカコ 2020年6月13日撮影

     アジサイとしてはあまり見たことのない色合いが花が目を引く「ジャパーニュ ミカコ ブルー」です。土壌のpHにより色が変わる品種で、 「ジャパーニュ ミカコ レッド」として出回ることもあります。


    ヤマアジサイ 佐橋の庄 2020年6月13日撮影

     ヤマアジサイの「佐橋の庄」は、ひときわ明るいブルーで涼しげに見えます。


    アジアンビューティーさくら 2020年6月13日撮影

     ヤマアジサイも、近年はカタカナ名の品種が出てきました。「アジアンビューティーさくら」は、ピンク色のきれいな品種です。


    星占い 2020年6月13日撮影

     装飾花の形が、星形にみえる「星占い」です。


    チャドバンド 2020年6月13日撮影

     濃い紫色の大きな装飾花が目立つ「チャドバンド」です。


    カシワバアジサイ ハーモニー 2020年6月13日撮影

     まるで大盛りのソフトクリームのようなユニークな花房のカシワバアジサイ「ハーモニー」です。カシワバアジサイはアメリカ原産で、カシワのような裂けた葉が特徴です。


    ピンクアナベル 2020年6月13日撮影

     開催中のアジサイ展が行われている屋外展示場の様子です。手前のピンクのテマリ咲の花は、「ピンクアナベル」です。これもアメリカ原産のアジサイの改良種です。


    アナベル 2020年6月13日撮影

     日本庭園の近くでは、「アナベル」の花が白く色づいてきました。奥にはうらら池のほとりのハナショウブ園も見えます。

    長生殿 2020年6月13日撮影

     ここからは、うらら池北岸と日本庭園の2か所にあるハナショウブ園で開花中のハナショウブの紹介です。上の写真は「長生殿」、下の写真は「深窓佳人」です。

    深窓佳人 2020年6月13日撮影

    ハナショウブとつくばい 2020年6月13日撮影

    うらら池側のハナショウブ園 2020年6月13日撮影

     ハナショウブは、日本原産のノハナショウブから改良された園芸植物です。梅雨時の雨に濡れた姿が似合う植物のように思います。現在すでに満開ですので、お早めにご覧ください。

    取材報道

    今日の植物公園[ウチョウラン]
    広島市植物公園ブログ
    2020/06/09

    今日の植物公園[ウチョウラン]

    ウチョウラン 安芸の名月

     今日はウチョウランの紹介をします。ウチョウランは梅雨時に咲く野生ランで、日本各地に自生しています。その可憐な花姿から、蝶が羽を広げて飛んでいるさまを「羽蝶」と見立てた和名がつけられています。
     
     当園では、年間を通じて洋ランやエビネ、寒蘭など様々なランの展示をしていますが、ウチョウラン展は植物が小型で出品数も多いこと(約200点)から、見ごたえのある展示が期待できます。今年の展示会は6月13日(土)~6月18日(木)の一週間を予定しています。

    ウチョウランの自生環境(渓谷の岩場)

     ウチョウランの自生環境は写真のような渓谷の岩場です。先日紹介したセントポーリアと同じ時期(昭和50年代ころ)にブームになり、当時は山取り(自生地からの採取)が多かったことから、野生種は絶滅が心配される状況に追い込まれてしまいました[広島県絶滅危惧Ⅱ類(VU)・環境省絶滅危惧Ⅱ類(VU)]。

    広島県産のウチョウランコレクション(平成30年度展示)

     出展団体の広島ウチョウラン保存会では、かつて県内で採取された野生個体の保存に努めており、会場ではそのコレクションをご覧いただけます。冒頭の「安芸の名月」は県内個体の選抜品種です。

    ウチョウラン 紫雲

     今日では、バイオテクノロジー技術の進歩によって、大量にウチョウランを生産できるようになり、自然を破壊せずに身近に手に入れられる植物となりました。

     皮肉なもので、入手が簡単になると人気は下火になりましたが、東洋蘭の中でもウチョウランは価格が安価で、栽培を始めやすい植物でお勧めできます。せっかくですので、この機会に栽培を始めてみてはいかがでしょうか。デスクにきれいに咲いた花が一鉢あると、リモート会議もはかどるのではないでしょうか。

    ウチョウラン  円舌斑紋花

    広島市植物公園プレスリリース「ウチョウランテンを開催」(2020年6月06日発表)
    見どころ案内 第462号
    広島市植物公園ブログ
    2020/06/07

    見どころ案内 第462号

    見どころ案内 第462号(2020年6月06日発行)
    今日の植物公園[初夏の小品盆栽展]
    広島市植物公園ブログ
    2020/06/05

    今日の植物公園[初夏の小品盆栽展]

    ナツグミ 令和2年6月5日撮影

     明日から、「初夏の小品盆栽展」を開催します(~6月8日まで)。広島小品盆栽会の会員が手塩にかけて長年育ててきた盆栽の妙をお楽しみください。会期が短いので、この週末をお見逃しなく。6日には小品盆栽の育て方の講座も行います。

    小品盆栽実演会

    • 日時 6月6日(土)午後1時半~2時半 
    • 場所 展示資料館2階講堂
    • 定員 先着50名(午後1時より整理券配布)
    • 草物を中心とした小品盆栽の仕立て方、育て方について実演指導します。

     設営が完了したばかりの展示室の様子を紹介します。

    展示室の様子