そろそろ紅葉が見ごろです
広島市植物公園ブログ
2019/11/20

そろそろ紅葉が見ごろです

カエデ園の紅葉 令和元年11月20日撮影

 そろそろ紅葉が見ごろです。最近まで暖かい日が続いていたので、全体的に遅れ気味ですが、秋が深まるにつれてカエデの葉が赤く色づいてきました。カエデ園には約50種のカエデのなかまを植栽しています。

 カエデ園には落ち葉もたくさん落ちているので、子どもたちが投げて楽しそうに遊んでいました。園内の紅葉は12月上旬ごろまで楽しめそうです。

イチョウの黄葉 令和元年11月19日撮影

 芝生広場のイチョウやツバキ園周辺のフウ(タイワンフウ・モミジバフウ)もきれいに色づいています。

フウの紅葉 令和元年11月19日撮影
Q&A 7.スパシフィラムの斑が消えた
広島市植物公園ブログ

Q&A 7.スパシフィラムの斑が消えた

Q.斑入りのスパシフィラムの斑がだんだん消えて緑になりました。どうしたら戻りますか?

A.スパシフィラムは葉の付け根にひとつ芽があります。斑入り植物は緑葉を持つ通常の植物体から得られた枝変わりによる突然変異個体です。夏、肥料をしっかりやって株に勢いがあると、葉緑体を欠いた斑入りの芽より、葉緑体を多く持つ通常の緑芽の方が生育速度に勝ることから、気付いた時には斑入りの芽がほとんどなくなっている状況をよく目にします。  斑入り個体の管理は、斑が入らない緑の芽が出たらすぐ、生え際からかき取る作業が不可欠です。もう既に斑が入った芽がなければ、中心であった斑入りの芽が分かれば、中心の芽と斑の入った脇芽だけ残して、緑の脇芽をすべて取り除き、斑入りの芽が再び伸長するのを待ちます。分からなければ通常の緑個体として管理していきましょう。多肥栽培しなければ再び斑入りの芽が伸長することがあります。

 また、スパシフィラムを一夏管理すると、小さい芽がたくさん着いて、葉数の割には花が咲かない鉢物になっていませんか?そのような株は弱細な芽を選り、芽掻きして芽の数を制限してやることで残った芽が充実し、しっかりした株になります。 

 [文 平井健一郎]

スパシフィラムの花


出展:はなの輪第161号 プラントドクターQ&Aより

園芸相談について

植物公園では、”緑の相談所”を設置しており、園芸相談員が皆様の花と緑に関する疑問にお答えします。お気軽にお尋ねください。
詳細はこちら:園芸相談(緑の相談所)
園長のおすすめ(ニオイサンタンカ)
広島市植物公園ブログ
2019/11/19

園長のおすすめ(ニオイサンタンカ)

ニオイサンタンカ Ixora odorata Spreng.
ニオイサンタンカ 花の全体

 真っ赤な花を咲かせるサンタンカはおなじみですが、この種類は、とても繊細な白い花を咲かせる珍しい種類です。花は集まって、直径30㎝を超えるほどの球状になり、熱帯の花には珍しくさわやかな芳香を放つので、「Fragrant Jungle Geranium」と呼ばれることもあります。マダガスカルからミヤンマーにかけての熱帯地域原産と言われ、香りを楽しむ熱帯花木として植栽されています。

 (園内位置:大温室フラワーコーナー)
見どころ案内 第441号
広島市植物公園ブログ
2019/11/16

見どころ案内 第441号

植物公園花ごよみ(11月13日号)
広島市植物公園ブログ
2019/11/13

植物公園花ごよみ(11月13日号)

園長のおすすめ(イトラッキョウ)
広島市植物公園ブログ
2019/11/12

園長のおすすめ(イトラッキョウ)

イトラッキョウ Allium virgunculae F.Maek. et Kitam. var. virgunculae
イトラッキョウの生育状況(ロックガーデン)

 イトラッキョウは、九州の島嶼部の岩場に自生するネギ属の植物で、11月に紫から桃色の美しい花を咲かせるので人気の山野草です。植物公園のロックガーデンではよく育ち、毎年のようにかわいい花を咲かせます。産地によって花茎の高さや花弁の色形が少し違い、厳密な意味でのイトラッキョウは長崎県平戸島に産し、鹿児島県甑島産のものはコシキイトラッキョウ、屋久島産はヤクシマイトラッキョウという変種になります。

 ネギ属にはラッキョウのほかにニラ、ニンニク、アサツキなどがあって以前はユリ科に属していました。近年遺伝子の研究によってヒガンバナに近縁なことがわかり、新しい図鑑ではヒガンバナ科に分類されています。

(園内位置:ロックガーデン)
見どころ案内 第440号
広島市植物公園ブログ
2019/11/09

見どころ案内 第440号


園長のおすすめ(アリストロキア・トリカウダタ)
広島市植物公園ブログ
2019/11/04

園長のおすすめ(アリストロキア・トリカウダタ)

アリストロキア・トリカウダタ  Aristolochia tricaudata Lem.

 今年もアリストロキア・トリカウダタが咲きました。大温室リニューアルの時に2階のフラワーコーナーに移植され、花は、葉に隠れているので探してみてください。 アリストロキア属の日本名は「ウマノスズクサ属(馬の鈴草)」。花の形に由来するといわれます。広島県にもウマノスズクサやオオバウマノスズクサが自生していて、ジャコウアゲハ幼虫の重要な食草です。大温室では、ほかにもアリストロキア・ギガンテアが花盛りです。

アリストロキア・トリカウダタ 花の全形
アリストロキア・トリカウダタ  花の側面と花筒
広島市植物公園花メール 2019年11月第一号
広島市植物公園ブログ
2019/11/03

広島市植物公園花メール 2019年11月第一号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

広島市植物公園 花めーる
2019年11月第1号

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


イベント情報         
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
〇展示温室
      
  秋の洋ラン展
 ▼期間 10月26日(土)~11月4日(月・振休)
 ▼内容 カトレヤやパフェオペディルムなど、洋ランの園芸品種
     と珍しい原種を展示します。
                
 寒蘭展
 ▼期間 11月9日(土)~11月14日(木)
 ▼内容 東洋蘭の中で清楚で気品のある寒蘭を展示します。

 クリスマスを飾るフラワー展
 ▼期間 11月23日(土・祝)~12月25日(水)
 ▼内容 シクラメンやポインセチアなどクリスマスに因んだ植物
     や飾り方を紹介します。
  
〇展示資料館展示室  
   
 特別企画展 種子の不思議展
 ▼期間 10月19日(土)~12月24日(火)
 ▼内容 多彩な種子の秘密を紹介します。

  屋外展示場等
 
   キク展
 ▼期間 10月26日(土)~11月10日(日)
 ▼内容 広島と重慶の交流の証である中国の菊花などを展示
     します。

 
 ガーデニングコンテスト作品展
 ▼場所 カスケード
 ▼期間 10月26日(土)~11月4日(月・振休)
 ▼内容 コンテストに応募・出品いただいたコンテナガー
     デンとハンギングバスケットを展示します。

 ハンギングバスケット作品展
 ▼場所 大温室前
 ▼期間 10月26日(土)~11月4日(月・振休)
 ▼内容 ハンギングバスケットを展示し、作り方なども紹介し
     ます。

 〇その他

植物写真コンテスト
▼テーマ 植物公園内の植物や風景
▼規格 キャビネ版以上のカラー、白黒写真。デジタルカメラの
    写真は印画紙に焼き付け、またはプリンターで印刷した
    ものに限る。
▼申込 作品にチラシの応募票を張り付け、9月1日(日)~
    11月30日(土)(必着)までに、植物公園へ。
    応募は一人五点まで。

植物公園メモリアルフェア
▼日程 11月2日(土)~11月4日(月・振休)【11月3日(日・祝)は入園
     料無料(駐車場は有料)】
▼内容 花苗のプレゼント(11月2日、4日 先着500名、11月3日
    先着1,000名)やオリエンテーリング、草笛演奏会、丸太切
    り体験、広島ジュニアマリンバアンサンブルコンサート、
    園芸相談コーナー、地元野菜の販売などをおこないます。

飛ん種・落ちタネ・ひろったね!(ワークショップ)
▼日時 11月4日(月・振休) 午前10時半~12時
▼内容 種子がどのように広がるのか、お子様にもわかりやすく解
    説します。種子を飛ばす体験もあります。(自由参加・無
    料)
▼講師 瀬戸内虫草団

木の実のクラフト/オナモミ選手権
▼日時 11月4日(月・振休) 午後1時~3時
▼内容 すぐ出来る木の実のクラフトと、オナモミの種子を使った
    ダーツゲームです。(要材料費・参加費)
▼協力 瀬戸内虫草団

うらら池自然散策
▼日時 11月9日(月) 午後1時半~3時
▼内容 うらら池周辺の山野草の観察を行います。
寒蘭実演会▼日時 11月10日(日) 午後1時半~2時半
▼内容 寒蘭の育て方について実演指導します。

ジュニアプロジェクト
▼日時 11月10日(日) 午前11時~正午、午後1時半~2時半
▼内容 ボランティアが指導する自然遊びを通して、生き物の知恵
    や自然界の不思議を体験します。

職員による植物うんちくガイド
▼日時 11月12日(火) 午前11時~正午
▼内容 「特別企画展 種子の不思議展解説」をテーマに植物の観
    察を行います。植物公園職員が案内します。

秋のガーデニング講座
▼日時 11月30日(土) 午後1時半~午後3時半
▼内容 今から植えて春まで長く楽しめるハンギングバスケットを
     作ります。
▼材料費 2,000円
▼申込 往復はがきに、催し名、住所、氏名、電話番号を記入し、
    11月14日(木)(必着)までに植物公園へ。抽選20人。

微細な種子の撮影法
▼日時 11月16日(土) 午後1時半~2時半
▼内容 微細な種子を撮影する方法や機材について解説します。実
     際に種子の写真を撮る実演もあります。一眼カメラ経験
     者向け。(自由参加・無料)

クリスマスリース作り講習会
▼日時 11月24日(日) 午後1時半~3時
▼内容 クリスマスの壁掛けの制作
▼材料費 1,500円
▼申込 往復はがきに、催し名、住所、氏名、電話番号を記入し、
    11月5日(火)(必着)までに植物公園へ。抽選30人。職員による植物うんちくガイド
▼日時 11月23日(土) 午前11時~正午
▼内容 「紅葉狩りに出かけよう」をテーマに植物の観察を行いま
    す。植物公園職員が案内します。

花と光のページェント(夜間開園)
▼日時 11月23日~12月22日までの土・日 午後4時半~9時
      (入園は午後8時半まで)
▼内容 キャンドルやLEDで形作った巨大平面クリスマスツリー
    や日本一のバオバブのライトアップなど、幻想的な世界を
    紹介 します。クリスマスコンサートもあります。


職員による植物うんちくガイド
▼日時 12月10日(火) 午前11時~正午
▼内容 「ベゴニア観賞会」をテーマに植物の観察を行います。植
    物公園職員が案内します。
    
見どころ案内
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 ★秋咲バラ(バラ園)
 
 秋バラが見ごろです。春に比べて花の数は少なくなりますが、花の色が濃くなり、香りも強くなる傾向があります。また、気温も低いので、長い間バラを楽しむことができます。

秋バラ

★ダリア(カスケード)

 花が牡丹に似ているので、テンジクボタンとも呼ばれてます。メキシコの高原地帯の原産で、夏の暑さは苦手です。地下部はサツマイモ様の塊根ですが、耐寒性はなく、花後に堀上が必要です。
ダリア

★ネリネ(サボテン温室)

 南アフリカ原産でヒガンバナに似た花を咲かせます。花弁に光沢があることから、「ダイアモンドリリー」との別名もあります。開花期が長く、1か月近く咲いているので、切り花やフラワーアレンジメントによく利用されています。


★子福桜(イベント広場)

  秋~春の厳寒期を除いて断続的に八重咲の花を咲かせます。花一輪に果実が複数着くことから、この名前がつけられました。近くには、十月桜や三波川冬桜も花を咲かせています。
子福桜
 
★ススキ(花の進化園)

 日本全国に分布し、秋の七草のひとつにも数えられています。かつてはチガヤやスゲなどと纏められて「茅(かや)」とも呼ばれ、屋根の材料や家畜の餌に使用されていました。十五夜で飾ったり、諺に使われたりと、身近な植物のひとつです。


★コウヤボウキ(ロックガーデン)

 キク科の植物では珍しい木本性の植物です。高野山で茎を束ねて箒にしたことからこの名がつきました。オケラに似た白い花を咲かせます。

★ジュウガツザクラ(芝生広場への階段横)
 コヒガンザクラの園芸品種で、淡紅色で八重の花をさかせます。名前の通り秋口から春まで厳寒期を除いて咲き続けます。

★アルテルナンテラ(大花壇)
 カラリーフの代表的な植物です。花壇の縁取りや寄せ植えに多用されます。和名はモヨウビユ。
中~南米原産で、現地では多年草ですが、
霜に当たると枯れるので、1年草扱いします。

その他の見どころ

 ★コスモス(レストラン前花壇)(11/4に摘み取りを行います)★キク展(屋外展示場)★特別企画展種子展(展示資料館一階展示室)

 ☆詳しくはこちら

  見どころ案内 通巻第438号(2019年10月26日発行)(PDF)

…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…
 編集・発行 : 広島市植物公園
 ご意見・ご感想: hiroshima-bg@midoriikimono.jp
 Webサイト: http://www.hiroshima-bot.jp/
…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…※…
今日は開園記念日です(入園無料)
広島市植物公園ブログ

今日は開園記念日です(入園無料)

 今日、11月3日は「文化の日」です。植物公園の開園記念日でもあり、終日入園料無料(駐車場は有料)です。また、安佐動物公園や広島城など広島市内の文化施設は無料開放しています。皆様のご来園をお待ちしています。

 植物公園では、ジュニアマリンバアンサンブルのコンサート(11時~、13時~)のほかに様々なイベントを行っています。今年は、園芸職の職員による職員ふれあい園芸&いきものトークを初開催します。それぞれの担当の現場で、13時から15時の間、待機していますので、お気軽に声をかけてみて下さい。詳細はちらしをご覧ください。

令和元年11月3日 職員ふれあい園芸&いきものトーク

見どころ案内 第439号
広島市植物公園ブログ
2019/11/02

見どころ案内 第439号