赤いサガリバナ
広島市植物公園ブログ
2019/08/18

赤いサガリバナ

 植物公園の夏の夜間開園の目玉といえば、夜に真っ白な神秘的な花が咲くサガリバナですが、実は赤いサガリバナもあるんです。


赤いサガリバナ 2019年8月17日撮影

 昨年の大温室のリニューアルに合わせて導入した赤いサガリバナが、この8月から咲き始めました。ふつうのサガリバナと同様に、夜に咲き始めて明け方には散ってしまいます。つぼみはまだまだありますので、8月24日(土)から始まる夜間開園でご覧いただけそうです。

植物公園花ごよみ(8月17日号)
広島市植物公園ブログ
2019/08/17

植物公園花ごよみ(8月17日号)

見どころ案内 第428号
広島市植物公園ブログ

見どころ案内 第428号


オオオニバス試乗体験会 実施します(8/17・18)
広島市植物公園ブログ

オオオニバス試乗体験会 実施します(8/17・18)

オオオニバス試乗体験会の様子

 本日(8月17日)は通常通り開園しています。オオオニバス試乗体験会も予定通り実施します。夏休みの思い出作りにご来園下さい。

  • オオオニバス試乗体験会(先着順
    • 日付
      • 8月14日(水)・17日(土)・18日(日)
    • 時間
      • 午前9時15分~午後0時15分
      • 午後1時15分~3時15分
        • *各日とも午前9時から整理券配布
    • 定員
      • 先着500人(計1,500人)
    • 対象
      • 体重30㎏までの子ども

取材報道



お知らせ(平常どおり開園)
広島市植物公園ブログ

お知らせ(平常どおり開園)

 本日は9時より、平常通り開園します。なお、オオオニバス試乗体験会も予定通り実施します。

The Hiroshima Bontanical Garden will open as usual today.
(August 17, 2019)

令和元年8月17日7時50分   植物公園管理課
緊急のお知らせ(8/15 臨時休園)
広島市植物公園ブログ
2019/08/14

緊急のお知らせ(8/15 臨時休園)

8月15日は臨時休園します。

なお、園内の安全点検及び施設の損壊等があった場合には復旧作業が必要となるため、 再び開園する日時等については、再度情報提供します。17日のオオオニバス試乗体験会は、現時点では開催する予定です。

今後の気象状況に十分注意し、安全確保に努めて下さい。

Temporary park closing (August 15)

令和元年8月14日11時00分   植物公園管理課
見どころ案内 第427号
広島市植物公園ブログ
2019/08/10

見どころ案内 第427号


市民講座「植物和名にみる笑薬学」初開催(9/8)
広島市植物公園ブログ
2019/08/08

市民講座「植物和名にみる笑薬学」初開催(9/8)

 「一笑一若」笑いは薬に勝るとも言われております。メグスリノキ、メギノキは目薬になるのでしょうか。ドクダミは毒を貯めてどーするの。それでも「十薬」とは?イタドリは「痛み取り」らしい。キハダ( 黄柏)、オウレン( 黄連) の黄色の本体は何なの?血気盛んな武将は「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」という、まっ黄色な漢方薬を飲んでいたようです。
 植物の和名には、薬草と思わせる名前が多々見受けられます。今回は、しっかり笑って腹筋を鍛え、貯筋の足しにしましょう。園芸療法もいいが、演芸療法もいいらしい。

 9月8日(日)13:00から、平成31年度広島市植物公園市民講座「植物園の笑涯学習 植物和名にみる笑薬学」を開催します。講師の先生は広島国際大学生涯学習自然園 前園長の神田博史先生。笑いの絶えない”笑薬学”、参加申し込みは不要です。ぜひご家族や、ご友人、ご近所様お誘いあわせの上、奮ってご参加ください。なお、9月7日(土)~26日(木)まで、薬用植物展を関連展示として行っています。

  • 平成31年度広島市植物公園市民講座I
    • 日時 令和元年9月8日(日)13:00~14:30
    • 場所 展示資料館2階講堂
    • 演題 植物園の笑涯学習「植物和名にみる笑薬学」
    • 講師 神田博史先生
      • 広島国際大学生涯学習自然園 前園長、薬学博士
初! バオバブのつぼみ
広島市植物公園ブログ

初! バオバブのつぼみ

オーストラリアバオバブに、つぼみが着きました。日本に到着してから初めて付けたつぼみです。


オーストラリアバオバブのつぼみ 2019年8月6日撮影

 推定樹齢400年、日本に導入されたバオバブとしては最大の大きさで、重さ約7トン(つり上げ時)、幹幅は最大で2mあります。


入念にバオバブのつぼみをチェックする職員 2019年8月6日撮影

 バオバブのつぼみは、高さ5mほどの木の頂部についています。現在のところ、2つのつぼみが確認できました。

 バオバブの花は、一日花です。アフリカやマダガスカル産のバオバブは夜開性ですが、オーストラリアバオバブについてはまだよくわからないところがあります。今回、もし開花すれば、開花までの日数や、開花時刻、1花がどれくらい持つのか、さまざまな情報を得ることができます。


虫を捕まえる!! 食虫植物展開催中
広島市植物公園ブログ
2019/08/05

虫を捕まえる!! 食虫植物展開催中

ウツボカズラ 令和元年8月4日撮影

 7月20日(土)~8月18日(日)まで、展示温室において世界の食虫植物展を開催しています。今年で41回目となる歴史のある展示です。広島食虫植物同好会の会員さんと植物公園のコレクション、合わせて約190点を展示しています。虫を捕らえて食べる植物の不思議な生態と奇抜な形をぜひご覧ください。

ハエトリソウ 令和元年8月4日撮影
ヨツマタモウセンゴケ 令和元年8月4日撮影

 食虫植物が虫を捕まえる仕組みには次の4つがあります。
  • 粘着式
    • 葉に粘り気のある器官(粘液毛、腺毛)があり、虫が止まると動けなくなるもの
    • モウセンゴケ、ムシトリスミレなど
  • はさみわな式
    • 虫の動きを感じて反応して、葉を閉じたりしてはさみこむもの
    • ハエトリグサ、ムジナモなど
  • 落とし穴式
    • 葉の一部が袋状や筒状になり、中に落ちた虫を消化するもの
    • ウツボカズラ、サラセニアなど
  • 袋わな式
    • 水中で袋の中に虫を吸い込むもの
    • タヌキモ
食虫植物のビオトープ 令和元年8月4日撮影
展示の様子 令和元年8月4日

食虫植物実演会(8/4)

8月4日(日)には、広島食虫植物同好会の安西秀礼氏による食虫植物実演会が開催されました。捕虫様式の解説や実際に捕まえられた虫を示しながら解説が行われ、多くの子供達が興味深く聞いていました。
 実演会に合わせて食虫植物の即売会も行われ、多くの方が熱心に見ていました。

実演会の様子 令和元年8月4日撮影

 8月13日(火)には、職員による植物うんちくガイド「フクシアと食虫植物のはなし」がありますので、興味のある方はご参加ください。 
ヒマワリの迷路
広島市植物公園ブログ

ヒマワリの迷路

 森のレストランのすぐ隣にある花の迷路では、ヒマワリが満開です。

ヒマワリの迷路 令和元年8月4日撮影

 ここ数年間、サマーフェア期間中は、キバナコスモスの迷路にしていましたので、ヒマワリの迷路は数年ぶりの復活です。約1,000本のヒマワリに囲まれて、迷路を楽しんでみませんか?


ヒマワリの迷路の中 令和元年8月4日撮影

 この迷路には、サンフィニティーという、お子様の背丈ほどの品種を植えています。花は小さめながら、長期間にわたってたくさん咲き続けます。見ごろは8月いっぱいの予想です。

園長のおすすめ(ブルボフィルム・ロビー)
広島市植物公園ブログ
2019/08/04

園長のおすすめ(ブルボフィルム・ロビー)

ブルボフィルム・ロビー(花)
ブルボフィルム・ロビー Bulbophyllum lobbii Lindl.

 ブルボフィルム・ロビーは、ミヤンマーからタイ、インドネシアにかけての熱帯アジアに自生する着生ランです。日本に分布するムギランと同じマメヅタラン属に分類されていて、葉や偽鱗茎の形はよく似ていますが、その大きさは全く異なり、花も5cm以上になります。
 この属には、独特で面白い形をした花をつける種類がたくさんあります。特にラン科特有の唇弁には、「関節」と呼ばれる構造があって、風にゆらゆら揺れています。じっくり観察してみてください。
サギソウ4000株の乱舞
広島市植物公園ブログ
2019/08/03

サギソウ4000株の乱舞

サギソウの花 令和元年8月1日撮影

 サギソウの花が園内で乱舞しています。サギソウは日当りのよい湿地に生ずる野生ランです。繊細なつくり、清楚な姿はいかにも日本のランにふさわしく、夏に咲いてすがすがしく感じます。本園のシンボルマークとして愛されている植物でもあります。フクシア温室周りの特設コーナーに4,000株を展示しており、今月中旬ごろまでが見ごろです。

サギソウの乱舞 令和元年8月1日撮影
植物公園ロゴマーク
見どころ案内 第426号
広島市植物公園ブログ

見どころ案内 第426号