季節の花さんぽ(冬の温室巡り)
広島市植物公園ブログ
2018/01/09

季節の花さんぽ(冬の温室巡り)

バオバブの解説をするガイドの藤井さん
ガイドの様子(熱帯スイレン温室)
2018年1月9日11時から、定例の季節の花さんぽを実施しました。担当ガイドの藤井さんが園内の温室を中心に園内の植物を観察して歩きました。朝から雪のちらつくあいにくの天気でしたが、約15人の参加者がありました。スイレン温室の入口では、大温室の様子をご覧いただけるモニターを設置しています。1枚目の写真はオーストラリアから導入した日本一のバオバブを紹介しているところです。

案内した植物:ジャボチカバの幹生果(熱帯スイレン温室)

案内した植物:ジャボチカバの花

 季節の花さんぽでは、園内のその日に見頃の植物をボランティアスタッフが約1時間でご案内する園内観察会です。毎月第二火曜日と第四土曜日午前11時から行っています。申し込みは不要ですので、お気軽にご参加下さい。

集合場所(展示資料館1階ロビー)

 集合場所は展示資料館1階のロビーです。写真の看板が目印です。

次回は1月27日(土)午前11時~
テーマ:「早春の尾根道を歩こう」
 
;