ウチョウラン展(6/7~14)
広島市植物公園ブログ
2018/06/10

ウチョウラン展(6/7~14)

梅雨時に咲く野生ランで人気の高いウチョウランが見頃をむかえました。 展示温室にて広島ウチョウラン保存会の会員が育てたウチョウラン約200鉢を展示しています。



会場正面奥の展示棚



広島産のウチョウラン「安芸の名月」
ウチョウランは日本原産の野生ランで、広島県内にも野生があります。「安芸の名月」はその選抜品。広島ウチョウラン保存会はこのような品種の保存に努めています。
 
 
 
「国東産斑入り斑紋花」
こちらは会場内のウチョウランでは唯一の斑入り葉品、「国東産斑入り斑紋花」です。



「紫雲」
葉が長く垂れるのが特徴的な「紫雲」です。


鉢置きや小物、草ものと合わせて雰囲気を楽しむこともできます。
 
 
「円舌斑紋花」
ウチョウランの花色は、紫、ピンク、白で、その濃淡と各色の組み合わせがあり、花形にもさまざまなバリエーションがあります。お気に入りの一鉢を探しに、ぜひ植物公園へお越しください。

展示期間中(14日まで)臨時売店もあります。



 
;