大温室では真冬でも賑やか(12/27)
広島市植物公園ブログ
2018/12/27

大温室では真冬でも賑やか(12/27)

 いよいよ本格的に冬になってきました。屋外では花の少ない時期ですが、温度を保てる大温室内では、冬から早春にかけて多くの花が咲きます。

カエンボク 2018年12月27日撮影

 今年3月の大温室リニューアルオープンに合わせて、新しく植え付けたカエンボクですが、ついに12月に入って大きくて鮮やかな黄色の花を咲かせ始めました。

カエンボクの花(右)とつぼみ(左)

 つぼみから咲くときの様子が、炎のように見えるので、火炎木(カエンボク)と呼ぶそうです。通常、オレンジ~赤っぽい色の花が咲きますが、当園の株は珍しい黄花です。カエンボクはアフリカ原産の花木で、霜の降りない熱帯~亜熱帯の各地で街路樹として植えられていて、ジャカランダ、ホウオウボクと並んで世界三大花木のひとつに数えられています。

カエンボクのつぼみ

カリアンドラ 赤花 2018年12月27日撮影
カリアンドラ 白花 2018年12月27日撮影

 カリアンドラは、南アメリカ原産のマメ科の熱帯花木で、日本のネムノキに近い種類です。当園には赤花と白花があり、紅白合戦のようににぎやかに咲き競っています。

オオバナソシンカ 2018年12月27日撮影

 オオバナソシンカも、大きな花が、株全体に咲いています。別名ホンコン・オーキッド・ツリーともいいます。

オーストラリアバオバブ 落葉

 バオバブは、乾期に葉を落とす落葉樹です。葉が黄色くなってきたので、そろそろ休眠期と思われます。

年末年始のお知らせ



植物公園の今年の開園日は本日12月27日(木)までです。
12月28日(金)~1月4日(金)までは休園日です。
新年は、1月5日(土)から開園いたします。
来年も植物公園をよろしくお願いします。
 
;