モリアオガエルとクレマチス
広島市植物公園ブログ
2018/05/26

モリアオガエルとクレマチス

モリアオガエルの卵塊 平成30年5月25日撮影

 日本庭園(ハナショウブ園)のイロハカエデの枝先にモリアオガエルの卵塊がぶら下がっています。例年5月末~6月にこの場所で産卵しています。5月25日現在で、4個確認できました。来週ごろには孵化してオタマジャクシになる様子が観察できると思われます。

モリアオガエルの卵塊の展示

 今年は、近くでご覧いただけるように、水槽にディスプレイしています(孵化後には自然に返します)。説明パネルもついていますので、ぜひ現地で見て下さいね。

毎日新聞に取り上げられました(5/31)

モリアオガエル観察会(5/27 安佐動物公園)


 安佐動物公園では、明日(27日)午前11時、午後1時、午後2時からの3回、「モリアオガエル観察会」を行います。お近くの方は、こちらもぜひご参加下さい。


ミヤコワスレ 平成30年5月26日撮影
ヒメアジサイ 平成30年5月25日撮影

 日本庭園では、ミヤコワスレが見ごろです。アジサイはこれからですが、早くもヒメアジサイが咲いています。

クレマチス マダム・ジュリア・コレボン(神庭耐子さん)
クレマチス・テキセンシス 実生(五弓莞さん)
クレマチス 大河(上島博成さん)

 5月の花といえば、バラとクレマチス。今年で3回目となる遅咲きクレマチス展を屋外展示場で開催しています。クレマチス展のメインであった大輪系だけでなく、小中輪の咲き揃うビチセラ系や壺型・チュウリップ型の品種など多様な花姿の品種を見ることが出来ます。
 
;