季節の花さんぽ(早春の花木と早咲きの桜)
広島市植物公園ブログ
2018/03/25

季節の花さんぽ(早春の花木と早咲きの桜)

 2018年3月24日(土)11時から、定例の季節の花さんぽを実施しました。天候に恵まれ、大盛況でした。担当ガイドの原田さんと早咲きのサクラ(カンヒザクラやケイオウザクラなど)やゲンカイツツジ・ミツマタなど春の花木を観察しました。春を探しながら坂道を上り下りした充実の1時間でした。

2018年3月24日撮影 ブナの花(樹林観察園)

 樹林観察園では、ブナの花が咲いています。ブナは広島県では標高900~1000m以上の山にしか自生していないので、市街地付近ではまず見ることができません。植物公園は標高が200m程度ですが、ブナ・イヌブナの両方とも観察することができます。
 

2018年3月24日撮影 ブナの花(雄花)

 ブナの花は毎年咲くわけではなく、木の高いところで咲くことが多いので、今が撮影のチャンス。ちょうど目線の高さで咲いています。

2018年3月24日撮影 ミズバショウ

 日本庭園奥のミズバショウは開花まで後少しです。一株だけ気が早い個体があり、皆さん写真を撮っていました。ミズバショウは4月上旬が見頃になりそうです。

2018年3月24日撮影 日本庭園奥の湿地

次回は4月10日(火)午前11時~
テーマ:「春いっぱい花めぐり」
 

 
;