桜と光の夕べの様子 4月7日(日)
広島市植物公園ブログ
2019/04/07

桜と光の夕べの様子 4月7日(日)

 本日は春の夜間開園(桜と光の夕べ)の最終日でした。

八重紅枝垂(やえべにしだれ)のライトアップ 2019年4月7日撮影

 八重紅枝垂(やえべにしだれ)は、人気のある枝垂れ桜で、染井吉野よりわずかに遅れて満開を迎えます。
 
コンサート 夕方の様子 2019年4月7日撮影

 本日夜のコンサートの出演者は、LaTICA(ラティサ) (福田 ひとみさん(サクソフォン)、野村 彰浩さん(シンセサイザー・キーボード) )でした。

コンサート 日没直後の様子 2019年4月7日撮影

 第1ステージは、雨に降られることもなく、無事終了しました。

コンサート セカンドステージ 2019年4月7日撮影

 暗くなると、ライトが効いてきて、急に風景が変わります。

コンサート 雨がぱらつく 2019年4月7日撮影

 第2ステージの途中、ついに雨が降り始めました。機材を雨から守るため、テントをステージに設置しました。しかし、その後天候は持ち直し、ラストまで本降りにならずに終了となりました。天候が不安定な中、最後までコンサートを楽しんでいただきありがとうございました。
 
;