ゾウコンニャク咲きました❀
広島市植物公園ブログ
2018/04/07

ゾウコンニャク咲きました❀

2018年4月5日撮影 開花したゾウコンニャク
5日(木)の夜、スイレン温室にてゾウコンニャクが開花しました。株の周辺では、生ゴミのようなすえたにおいが立ち込めていました。この匂いで虫を引き寄せて受粉するのですが、早速ハエが集まっていました。
 
 ゾウコンニャクは、中国南部からオーストラリア北部にかけてのアジアの広域に分布しており、和名は、地中の球茎がゾウの足に似ていることから名付けられました。英名は Elephant (foot) yam。2011年から7年連続で開花しており、この時期の風物詩の一つになっています。匂いは一晩だけですが、開花している姿は3日程度は御覧いただけます。

 もう一株、開花しそうな株がありますので、夜間開園の開催日に咲けばよいのですが…


2018年4月5日撮影 夜の大温室

 4月7日(土)・8日(日)・14日(土)・15日(日)の4日間は夜間開園を実施します。リニューアルオープン後の夜の大温室は初公開です!普段とは一味違う雰囲気をぜひ味わってみて下さい。

 お花見を逃したという方…植物公園ではまだまだサクラが咲いています。サトザクラのなかまが咲き始めましたので、夜桜見物にお越し下さい。

芝生広場の様子(2018年4月5日撮影)

 
;